本文へスキップ

結婚指輪(マリッジリング)の手彫り製作専門店【Tebori】

電話でのお問い合わせはTEL.03-3918-6025

〒114-0024 東京都北区西ヶ原1-27-3-910

彫金日記

         彫金日記一覧[パソコン]


持ち込み


 持ち込みのK18平打リングに双龍に桜を彫金 

お客様からの彫金加工依頼でも時計の持ち込み加工はお断りしていますが、指輪の場合は画像等で確認して問題ないようでしたらお受けすることも有ります。

今回は過去に何度もご注文頂いている北海道のお客様から、双龍に桜を彫るご注文を頂きました。

毎回、リング本体は地元で製作して彫りだけのご注文です。

通常、金やプラチナでご注文頂いた時には、間違いのない様にシルバーでサンプルリングを作って実際にご確認頂いてからご希望の素材で製作していますが、今回の様に彫りだけのご注文でしたら、サイズに関しての心配は有りませんし気が楽です。


 持ち込みのK18平打リングに双龍に桜を彫金 

届いたリングは鍛造の幅8mmのK18平打リング。
ご希望の模様は『双龍に桜』

ま、龍も桜も常に彫っていますので、特に問題はありません。



 持ち込みのK18平打リングに双龍に桜を彫金 

 持ち込みのK18平打リングに双龍に桜を彫金 


手彫りの場合、K18はサクサク彫れて楽なんですよねー。
バリも出ないし。

メーカーのリングではK18WGには毎週彫っていますが、YGやPGに彫る事は殆どありません。

幅8mmのK18リングに『双龍に桜』、Ptとはまた違った存在感が有りますよね。




             2017.11.16










アンティークウォッチに彫金


 アンティークウォッチに彫金 

週明けの月曜日。
逃避行から帰って仕事再開です(笑)。

でも今週は肩や肘がちょっと痛いです。
他の竹よりも高く伸びて、台風の風をまともに受けて傾きかけた直径15cm位の太い竹を2本切っただけなんですが・・・。

慣れた人から見たら情けないでしょうが、普段は机に向かって鏨と小指の先ほどの金槌を使った彫金の仕事だけしかやっていない者にとっては大仕事です(笑)。

しかも、切り倒すだけなら簡単ですが、倒れて納屋に被害が及ぼさない様に、まずは梯子を使って竹の上の方を麻縄で隣の竹と固定し、次に切る少し上の部分を同じように固定して倒れるのを防ぎ、だるま落としの要領で5回に分けて切りましたので(汗)。

でも、部屋にこもって仕事でストレスをため込む現代人にとって、疲れるけど体を使った作業って適度な息抜きで楽しいですよね!


表題のアンティークウォッチに彫金。
新しい高級時計のケースに彫る事はちょっと躊躇いますよね。
それに引き換え、アンティークウォッチに彫金となると一気にハードルが下がりませんか?

最近は国産の新品時計にも結構彫っていますが、何故かこっちの方が雰囲気も良く、お洒落な時計に大変身します(笑)。



 アンティークウォッチに彫金 

今回はセイコーの手巻きアンティークウォッチ。
何時も思うのですが、面取りや切り替えしが多すぎます。
彫るのに面取りや切り替えしは邪魔なだけ(笑)。



 アンティークウォッチに彫金 

そこで今回は側面の面取りや切り替えしを削ってアール状に。
分解してケースだけでしたら簡単ですが、現状のままマスキングだけしての作業です(笑)。



 アンティークウォッチに彫金 

高級時計でしたら決してこんな事しませんよね(笑)。
それに、ロレックス等への彫金依頼をして下さるゼンマイワークスさんがこのブログを見たら呆れるだろうなぁー(笑)。



 アンティークウォッチに彫金 

彫りもこのまま彫ってしまいました。
決してアンティークウォッチをなめている訳では有りませんが・・・(笑)。

指輪の取引先の連中の時計には何度もそのまま彫っていますが、狂ったとかおかしくなったという事は一度も有りません。



 アンティークウォッチに彫金 

使う事が殆どなかったアンティークウォッチがご覧の様に大変身しましたが如何でしょうか?

でも、知らないって強いですよね。
精密機器を付けたままで加工してしまうのですから(笑)。

時計のメカに詳しい時計師さんにお会いしたら、2時間位座らせられてお説教を聞かされそうです(笑)。




             2017.11.13










腱鞘炎


 なかなか治らない腱鞘炎薬 

両手中指のばね指が治りません(汗)。
特に左は指がむくんでグーが出来ません。

なので、今日は二か月ぶりにかかりつけの病院の予約日でしたので、整形外科にも診てもらいました。

四か月前にも同じ医師に診てもらっていますが、触診の結果、『大した事ではないですね。』
『酷い場合は押しただけで顔がゆがみますから』ですって!

自慢じゃないが、こちとら痛みにだけは強いんでぇー。(バカってこと?)


昔、戸田橋の近くにあった取引先に行ったついでに荒川土手をジョギングしていて、花火大会の照明用の電線に引っかかって両肘を骨折した時も、5分位痛みをこらえたものの、ひじの伸びない状態でその後も4km走って、それから車を運転して帰って来たっけ。
(やっぱりバカだ)


それにしても、一時間近く待って診察の結果は
何もすることは無し!
痛くないのなら薬も塗る必要なし!


小学生なら痛い時にどうするか?
小学生がする様な事をして下さい。
ですって!


何かバカにされている様な気分・・・。
あ、もともとバカだったか(笑)。



内科では定期健診のついでにインフルエンザの予防注射を受けようと思ったら、ワクチンが無く受けられませんでした。

お年寄りの患者さんも多いですので仕方ありませんが、
異常に不足しているみたいです。

バカは風邪をひきませんので大丈夫ですが、
皆様はインフルエンザの予防注射はお早めに!

さあーて、今週も週末。
例によってメーカーからは次々と彫金依頼の商品が。

週末位はゆっくり休みたいので、明日から茨城に逃避行です(笑)。




             2017.11.10










『唐草』VS『月桂樹』


 時計ケースへの彫金『唐草』VS『月桂樹』 

久々に時計ケースへの彫金です。

ステンレスへの彫金は殆どの職人さんが出来ないと敬遠しますが、何が出来ないのでしょうねぇー??

確かに金やプラチナと比べると比較にならないほど硬いですが、彫れないような硬さではないと思うのですが・・・??

ま、無理をし過ぎると、両方の指が腱鞘炎になったりもしますがね(笑)。


ロレックス等に彫金する時は殆どが唐草模様です。
しかし、好みと言うか、月桂樹の模様の方が良いという人も・・・。

で、今回は唐草と月桂樹の両方をサンプルとして彫る事になりました。


 時計ケースへの彫金『唐草』 

 時計ケースへの彫金『唐草』 


先ずは唐草模様。
やっぱり豪華に見えますよね!
どんな場面にもバランスよく彫れる優れものです!(笑)

でも、実際に彫るとなると鏨が欠けて大変です(汗)。
研ぎ方を変えたりして硬さに対応しますが、結局は数を用意して物量作戦で乗り切ります(笑)。


 時計ケースへの彫金『月桂樹』 

 時計ケースへの彫金『月桂樹』 

対して月桂樹模様。
シンプルさが良いという人もいらっしゃいます。

唐草と違って使う鏨は毛彫り鏨と魚々子鏨だけ。
シンプルな分、ごまかしがきかないのが難点です(笑)。


ステンだろうが何だろうが彫る事に問題はありませんが、コストを気にする場合はどうなんでしょうねぇ~・・・??

彫りの大変さを理解して頂ければよいのですが、安く上げるのでしたらレーザーで彫って墨入れすればエングレービング風にはなると思うのですが?

それに文字盤に蒔絵っていうのも・・・?
確かに、職人さんの技術はすごいと思いますし、伝統工芸の響きや肩書も良いのですが、時計には合わないような気も・・・。

キャッチコピーも大事でしょうが、自分が欲しくなる様な時計作り。
そんな仕事にかかわりたいなぁー。




             2017.11.8










連休


 般若心経入りシルバーリング『四神』と『菊』 

秋晴れの文化の日。
こんな日に仕事をやれって言われてもねぇー(笑)。

メーカーは自分たちが休みの間に上げさせようと、休み前に送って来て休み明けに納品させようとの思惑が見え見えですから(笑)。

それもマリッジ最大手のC社をはじめ殆どのメーカーが当たり前の様に・・・(汗)。

一方、HPからご注文のお客様は一ヶ月近くたっても何のクレームも有りません。

サイズに合わせていちから作るのと、彫りだけの違いはあるものの、なんだかなぁー(笑)。

ま、今週末は菩提寺の開山忌もあるし、メーカーの要望は無視と言う事で・・・(笑)。



 般若心経入りシルバーリング『四神』と『菊』 

今回も一ヶ月近くかかってしまった般若心経入りのシルバーリング『四神』と『菊』

このリングに関しては、鋳造メーカーと切削メーカーに研磨業者、そして私が彫る様になりますので、どうしても時間がかかってしまいます。



 般若心経入りシルバーリング『四神』と『菊』 

秋のせいでもないでしょうが、菊模様のリングのご注文が続いています。

そういえば、最近は桜柄のご注文は少ない気がします。

やっぱり秋ですねぇー(笑)。


 般若心経入りシルバーリング『四神』と『菊』 


今日はこの2本と別のお客様にリングゲージを発送した後に茨城へ。

明日はマンションで防災訓練が有るのですが、檀家として菩提寺の開山忌には出なくてはなりませんので・・・。

決して逃避では有りません!(笑)


その分、週明けからは大変ですが・・・(汗)。

ま、指輪はいいとしても、時計は3月に必死に加工して、両方の中指が腱鞘炎になってしまったやつです。

指の状態も良くないのにまたかぁー(笑)。




             2017.11.3










ミル


 ミル鏨製作 

今日から11月。
今年もあと2か月ですねー。

最近は東京と茨城の両方で生活していますので、なおさら時間のたつのが早く感じられます。

昨日も茨城に居ると、「品物を送りましたので・・・」と着信が。

「今、茨城でーす。」と返信したものの、帰ってこない訳にはいきませんよね(笑)。


そして今日は、青森のリングメーカーと東京の時計メーカーから発送しますので・・・。

今週末は連休なのでその前に入れておこうという訳かぁー(笑)。


週の半分は茨城で過ごそうと思っているのにぃー。



でも、この時期に茨城に居ると、あちこちから柿が届くこと届く事。
それもお年寄りが持ってきてくれるので、柔らかい柿が・・・。
ジューシーな柿って好きじゃないんですよねー。

それに、我が家にも大きな柿の木が有るのに(笑)。
ま、気持ちは有りがたいですがね。


彫金加工に使う鏨は殆ど自作です。
ミル鏨や魚々子鏨も極小から特大まで用途に合わせて作ります。

最近はステンレスの時計に使う事が多いですので、痛みが早いのが悩みの種ですが(笑)。


 ミル鏨製作 

ミル鏨と魚々子鏨はポンチで穴をあけて輪郭ぎりぎりまで削ります。
又、鏨のセンターがずれている物は最後にダイヤモンド砥石でまっすぐに直します。


でも、ミル鏨と魚々子鏨の違いってご存知ですか?

形的には殆ど同じですが、ミル鏨はレールの上を流れる様に打ち進める為に、輪郭の前後を平らに削って有ります。
一方、魚々子鏨は面を埋め尽くすのに使いますのでその必要は有りません。

ま、一度に沢山の鏨を作っても、結局使うのは気に入った鏨ばっかりなんですがね(笑)。




             2017.11.1







       彫金日記一覧[パソコン]

        このページの先頭へ

hop inf

        Tebori

          〒114-0024
           東京都北区西ヶ原1-27-3-910
           TEL.03-3918-6025
           FAX.03-3918-6035