本文へスキップ

結婚指輪(マリッジリング)の手彫り製作専門店【Tebori】

電話でのお問い合わせはTEL.03-3918-6025

〒114-0024 東京都北区西ヶ原1-27-3-910

幸せを呼ぶ誕生石



10月 オパール  Opal


オパールの色合いは、夕立のあとの虹のように素晴らしく、動かしたり、異なった方向から見ると、さまざまの色彩を見せます。これをプレー・オブ・カラー(遊色)といいます。

なぜオパールが七色の色彩を見せるかということは、この宝石の成り立ちをみるとわかります。

オパールの成分は、めのうや水晶と同じケイ素の酸化物です。
地熱によってにかわ状になった無水ケイ酸が冷却して収縮するとき、無数のヒビや空洞ができ、この中に水がたまったまま、石になったためです。
そして光があたると入射した光線が分散し、無数の光線群がお互いに影響し合って、あの素晴らしい色彩をみせるのです。

ただ単にオパールというときは、オーストラリア・オパールのことをいいます。
色はやや乳白色がかった半透明のもので、この中に七彩が出現します。
また、濃い紫色か濃い褐紫色の母岩の上に孔雀の羽根を思わせる華麗な色彩が出るものを、ブラック・オパールといっています。
色は角度の変化によって、濃く澄んだ赤、オレンジ色、空色、緑色などを見せ、息をのむような美しさです。

メキシコオパールは、色は透明か半透明の、燃えるような赤、濃い緑、黄色、ブルーなどの華やかなものです。優秀品とされるものは、山高にカットされて、色調にむらがなく、色彩が鮮明に出るものです。

この石は硬度が5〜6.5でやわらかく、傷つきやすいので取り扱いには注意を。
また熱を加えると、ひび割れし、石に含まれた水分が蒸発すると透明度を失うことがあるし、酸、アルカリにも弱いので、温泉に入る時ははずすこと。






    1月  2月  3月  4月  5月  6月 

   7月  8月  9月  10月  11月  12月





hop inf

        Tebori

          〒114-0024
           東京都北区西ヶ原1-27-3-910
           TEL.03-3918-6025
           FAX.03-3918-6035