本文へスキップ

結婚指輪(マリッジリング)の手彫り製作専門店【Tebori】

電話でのお問い合わせはTEL.03-3918-6025

〒114-0024 東京都北区西ヶ原1-27-3-910

幸せを呼ぶ誕生石



1月 ガーネット Garnet


ガーネットはラテン語の「ざくろの実」から転じた語で、よく熟したざくろに似ています。ガーネットは複雑な珪酸化合物で、空色以外の緑、赤、桃色、褐色などの諸色がまざり合った色合いのものです。

宝石として愛され、価値の高いものは、赤ワインのびんに、日がさし込んだような、美しい色合いのワインレッドのものです。この赤でも、多少褐色、黄色、紫色などを帯びているのが普通です。

ガーネットの硬度は6.5〜8で、いくぶんもろい面があるので、取り扱いはていねいに。

宝飾品としての歴史は古く、青銅時代にさかのぼります。初めは小石をネックレスとして用い、古代エジプトでは、これを首からつるして護符としていました。

また伝説のノアの箱舟の唯一の明かりがこれであったと「タルマッド(ユダヤ教の法典)」に記載されています。

ギリシャ人もルビーやガーネットなどの赤色宝石をたいへん高価なものとして珍重し、腕、肩、ひたいをこれで飾っていました。

その後も暗黒時代、中世を通じて流行しつづけ、これを持つと友情に恵まれ、権力の座につくことができると広く用いられ、王冠やペンダントとして支配者の胸を飾ってきました。そして19世紀のビクトリア王朝の英国では、パイロープ・ガーネットが大流行しました。






    1月  2月  3月  4月  5月  6月 

   7月  8月  9月  10月  11月  12月





hop inf

        Tebori

          〒114-0024
           東京都北区西ヶ原1-27-3-910
           TEL.03-3918-6025
           FAX.03-3918-6035